メニュー

形成外科

様々な形成外科疾患に対応が可能です。また各種保険診療のほか、自由診療にも対応しております。何らかのお役に立てるかもしれません。ぜひご相談ください。 

担当医:角谷徳芳(元昭和大学藤が丘病院形成外科教授 現昭和大学医学部形成外科客員教授)

 

まぶた

  • 眼瞼下垂 お歳をとるとまぶたが開きにくくなり、視野が狭くなります。手術により視野が広がるだけでなく、若返り効果も期待できます。
  • 逆さまつげ(眼瞼内反症) 生まれつき、または加齢に伴ってまぶたが内側に入り、まつげが眼球に刺さって傷をつけてしまう状態です。痛みだけでなく角膜を損傷し、放置すると視力低下や失明につながるため、手術が必要となります。
  • 眼瞼外反症 顔面神経麻痺、または加齢に伴って起こりやすく、涙が鼻に流れなくなり、いつも涙目になりやすい状態です。また、春先のホコリっぽい季節には目に砂が入りやすく、結膜炎や角膜炎を引き起こすため、手術が必要となります。

 皮膚のできもの・傷

  • できもの(腫瘍) 母斑、粉瘤(アテローム)など、皮膚や皮膚の下にできた腫瘍を放置することは美容面のみならず好ましくはありません。手術またはレーザーにて治療が可能です。
  • 傷と傷跡 皮膚は一定の深さまで傷を負うと傷跡が残ります。しかし、様々な形成外科手術で目立たなくすることは可能です。

 その他

  • 巻き爪(陥入爪) 爪の彎曲によって炎症が起こり、痛みが生じている状態です。爪切り指導を行い、症例ごとにワイヤーによる矯正または手術による治療を行います。
  • わきが(腋臭症)・多汗症 脇の下の匂いと汗を完全に消すことはできませんが、皮下に存在する分泌腺を手術で確実に減少させ、症状が大きく改善されます。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME